2016年9月21日水曜日

スウェーデンから見学

少し間が空きましたが、実はひどい腰痛になりまして、近所の整形外科のお世話になったりしています。たぶん年齢による脊柱管狭窄症で、若い時にヘルニアの手術をしていますし、今度も長い付き合いになることと思います。やれやれ。パソコンの前に座るのもちょっと辛いです。

さて、9月中旬スウェーデンのカペラゴーデンから二名が見学に来られました。ウチの生徒さんが今年のサマーセミナーに参加し、そこで知り合い、ちょうど日本に旅行で来られるということで、名古屋に寄ってくれたようです。



20年以上前に訪問したカペラゴーデンに感激し、そのイメージを大切にしながら今の木工教室をやっているわけですが、逆に本家の方が見学に来られるというのは、なんとなく不思議な感じがしました。 今回は私のお客様ではなく、生徒さんのお客さんというわけで、英語がうまく話せなくても気楽でした。彼らは京都では「Stone Shop」へ行くと言っていました。最初わからなかったのですが、「砥石屋」だそうです(^^;)。

2016年9月6日火曜日

タンノイ オートグラフ

8月下旬信州方面へ旅行しました。その際偶然入った喫茶店で家庭用スピーカーの最高峰と言われる銘器タンノイ社のオートグラフの音をじっくり聴くことができました。

高校生の頃、友人の影響でスピーカーをいくつか作っていました。やはり長岡鉄男氏の設計のものや、ダイヤトーンP610のメーカー指定箱などです。その頃でも”タンノイ”製スピーカーはジャズ向きとされていたJBLよりもマニアが憧れるものだったように思います。

工房を開設してまもなく、縁あって、工房でのロシアの方の木工指導や現地ウラジオストックへ出向いての木工指導をすることになり、なんとタンノイオートグラフのライセンス生産をしていた今はない進工舎のOさんと計20日間近くご一緒する機会がありました。Oさんも昔のことであり、製作についての詳しい話は聞けませんでしたが、本国イギリスで生産されたオートグラフよりも、繊細な木工技術で生産された日本製の方が評価が高かったということでした。今回出会ったオートグラフはその日本でライセンス生産されたものでした。

さて、肝心の音は・・・。「タンノイオートグラフの音は一度聞いたら忘れられない」と言われるそうですが、ヨメさん曰く「お父さんのあんなウットリした顔は見たことがない」と言うほど、とても幸せな顔をしていたらしいです。 それほど、包み込むような艷やかな音で、実際の楽器よりもいい音ではないかと思うほど、すばらしい音でした。進工舎のOさんもおっしゃってましたが、かなり箱鳴りもしていると思います。それが理由かどうかわかりませんが、たとえばチェロのようにスピーカー全体から音が聞こえてくる感じでした。その時流れていたのはBrianKesslerのハワイアン・ギターでしたので、私の好きな音であったこともあるかもしれません。でも同じ音楽をウチで聞いてみたら、全く別物でした。

あれからオートグラフのことが頭にこびりついてしまい、時間があれば、そのことを調べたりしています。もちろん今は生産はされていませんし、もしあったとしてもとても買える値段ではありません。重さも一台100キロ、高さ1.5mほどで、家族から邪魔者扱いされるにきまってます。それでも、諦めずに、自作された方が複数おられるようです。

工房用の簡単なものを除き、スピーカー作りは30年以上やっていません。これからスピーカー作りをしていくかどうかもはっきりしませんが、私にこれほどのインパクトを与えたオートグラフはやはり只者ではありません。

2016年8月18日木曜日

木工旋盤KC-14DO販売終了!

私は木工旋盤にはあまり興味はない方で、もっているのはKC-14というオフコーポさんのベストセラー?です。しかし、これでは40cm以上の材が挽けないので、後継機のKC-14DO用延長ベッドを買って、スペーサーをかますなどして無理やり延長する作戦をとることにしました。ただし、その接続が上手くいかなかった場合には後継機のKC-14DOを新たに購入するつもりでした。

今朝、延長ベッドの注文をすませ、明日到着予定だろうということで、本体の取り付け部の加工を試していたのですが、木と違い鉄は加工が大変です。実用上問題のない程度の精度に加工するのは無理やなあと実感、やっぱりKC-14DOを買うかなあと弱気になって、ふとオフさんのHPを見たら、ナント「KC-14DO販売終了」の文字が。

まさか、販売終了とは思ってもみなかったので、とりあえず延長ベッド購入はキャンセルするのがよいと判断し、電話しました。幸い出荷前だったため問題なくキャンセルできましたが、オフさんに限らず輸入機械をあつかっている販売店ではこういうことがよくあります。趣味用とは言え、もう少し安定供給をしてほしいなと思います。

2016年8月8日月曜日

シェーカー椅子作り

UNOH家具工房さんで、シェーカー椅子製作短期コースを受講してきました。私の年齢・立場になると、こんな機会は本当に貴重です。親子ほど年齢の違うアシスタントのAさんと職業訓練校に通われている二人の生徒さんと一緒に3日間生活し、宇納先生の指導のもと、椅子を作るのは本当に楽しかったです。木工教室をやっている自分を快く受け入れていただき、感謝々。


大学を出てサラリーマンになりたての頃、出張先の高松の本屋で”ウッディーライフ2号”を買い、当時高山にあった藤門さんの”工作舎”の記事に大きな刺激を受けたことが昨日のことのようです。シェーカーもどきの椅子もいくつか作りました。でも今回本物にきわめて近い椅子を作らせていただき、シェーカー椅子に対する認識を新たにしました。後ろに倒れそうな、この椅子、意外と安定感があり、座り心地が良かったです。
寮生活もご家族が作ってくれる食事も素敵で、楽しい3日間でした。ごいっしょした皆さま、スタッフやご家族の皆さま、そして宇納さん、ありがとうございました。

2016年7月30日土曜日

続、糸鋸刃

今日、一番近い木工房フィトンチッドさんがお使いになっている糸鋸刃を持って来てくれました。前回のブログ記事がきっかけだそうで、恐縮です。

名前は聞いていましたが、実際に見て使うのは初めての「梶原糸鋸刃製作所」製です。本体部分は幅1.3mm厚さ0.4mmと、前述の赤トラや旭工機の山中目24山とほとんど同じサイズですが、これは20山で返し刃が写真のように細かい感覚でついています。

上2本が赤トラ、下2本が梶原製
前回と同じアルダーの板を切ってみました。梶原製が山が少ないせいでしょうか、やや軽く切れた感じがしました。とはいえ、今回使ってみた、赤トラ、旭工機、梶原糸鋸刃、短いテストでは優劣付け難いです。たぶん糸鋸盤の性能と自分の腕(こっちの方が大きい?)の要素の方がよほど大きいかも。

外国製の刃が良いという方もおられますが、日本でこのように作っておられる会社が複数あるというのは心強いです。特にプロの場合、安心して使い続けることができることの意味は大きいと思います。

今回の糸鋸刃の話題、二人の木工の友人から刃をもらったりして、やっぱり仲間はありがたいです。


2016年7月24日日曜日

糸鋸刃

木工屋みしょうさんから、糸鋸刃「赤トラ」を送っていただきました。教室での糸鋸使用頻度は高くないのですが、カナダの友人エドワードが糸鋸による切り抜きデモンストレーションをしてくれたこともあり、最近は糸鋸刃に興味を持っていました。

上3本が”赤トラ24山あさりなし”で、その下が私が持っている”旭工機のNo.2山中目24山”です。一番下はエドワードがデモで使った欧米仕様?のNo.5です。

見た目、赤トラと旭工機の刃はよく似ています。”赤トラ”さんが旭工機さんの刃を作ってしていたのかもしれません(根拠なし)。 ウチの糸鋸盤につけて、赤トラと旭工機の刃で約1cm厚のアルダーの板に直径1cmほどの丸を切り出してみましたが、短いテストでは切れ味に差は感じませんでした。仕事で本格的に使うと差がでるかもしれません。

欧米仕様のNo.5は本当に細くて、刃が見えないほどです。エドワードはこの刃で厚さ3cmくらいのアルダーを簡単に切り抜いていました。薄板単板専用ではないようですが、この細さはインタルシアなどで薄板を切るのに適した刃ではないかと思います。

3cm程度の無垢材を切る刃としては、赤トラや旭工機の24山くらいが適しているように思います。もっとも、ウチの糸鋸盤が旭工機の一番安いタイプなので、刃よりも機械の切断能力の方が問題かもしれません。

2016年7月12日火曜日

飲み放題への愚痴

私事ですが、毎年行っていた木工教室の暑気払いビアパーティーを、今年は私が主催するのはやめました。

理由は、幹事として気持ちよくお世話をできる自信がなくなったからです。

ビアパーティーや忘年会など、多数の人が参加する季節行事だと、場所を確保したり、あるいは会費を徴収することを考えると、この頃はほとんど「飲み放題」を選ぶことになります。

この飲み放題がクセモノで、実際にはなかなか出てこなかったり、前触れもなくオーダーを切られたり、時間制限で短時間に席を空けなければならなかったりと、神経の繊細な?自分は、「参加者に悪いなあ」と思ってしまうことが多く、気分が滅入るようになったのです。

このようなお店は、若いアルバイト君でほとんど切り盛りされていて、客の回転がうまくいくように動ける優秀?なバイト君がチーフとなり、効率化が加速したりします。お店の心意気など感じることなど、遥か昔の夢の世界になっているようです。

日本が好きなんですが、ロンドンのパブはいいですね。一杯ずつ、現金と交換です。飲み放題なんてありませんから、各人が好きなだけ注文して飲めるし、支払いに不公平感はありません。ビールも泡が上部に3cmほどあって、冷たく美味しいです。

大勢のビアパーティーは諦め、数人で自分の分は自分で払う方式のビアパーティーが一番楽しいのではないかと思う、今日この頃です。