2017年11月12日日曜日

アンフォルメル中川村美術館での展示会へ

20年くらい前に松本クラフトフェアで出会い、同じ関西人で波長の合う法嶋さんが彼の椅子やその製作過程を見るこができる展示会を、アンフォルメル中川村美術館で開催されているので、見に行ってきました。

まずこの美術館のロケーションがすごい。初めて行く人は「ここ間違ってない?」と思うような、山の上にある美術館で、開館日も変則的なので要注意です。

天井から様々な部材の型や椅子設計に使う人形がつるされ、彼の意気込みが感じられます。
製作途中の部材加工の様子や道具、さらにアイデアを発展させるプロセスなども展示されていて、木工好き、椅子好きにはたまりません。11月26日まで。開館時間は午前9時~午後4時、開館日は火・木・土・日曜日及び祝日。なお12月~3月中旬は冬季休館(^^)とのことです。

2017年11月10日金曜日

昔集めたLPを聴く

ヨメサンが工房二階に置いてあるダイヤトーンDS-32Bの音を聞いて、「これ、本当のピアノに近い音がする」と言い出したのがきっかけで、「これをなんとかして一階で聞くようにしよう!」と夏ごろから動いてきました。300枚近いLPをもう一度聞いてみたいとの思いもありまして。

最初にCECのベルトドライブプレーヤーのゴムベルトをネットで見つけて購入、無事動くようになりました。

スピーカーは片方のスピーカーのツィーターの音が出ないので、ネットで見つけた”Dayton Audio DC25T-8”がサイズがピッタリなのでこれを購入し付け替えました。本当は両方同じにしないといけないのですが、片方だけでも問題なく、今はそのままです。

 マランツの古いアンプ、音が出たり出なかったりで、あまりいい状態ではないのですが、早めにスイッチONして温めてやると音がちゃんと出ることに気がつきました。完全に故障したら、近くの高蔵寺に東海地区の修理センターがあるということで、そこに持ち込むつもり。

さて、古いLPを引っ張り出して聞いていますが、ナカナカいい音です。気がむいたら古いLPの感想など書いてみたいと思っていますが、一番目はコレです。
知る人ぞ知るミシシッピ・ジョーンハートです。いやあ、渋い。若い時にはその良さが充分にわからなかった。フィンガーピッキングギターを習っていた時、師匠のイサトさんが2000枚くらいLPを持っていたのを見て、「いろんなLP聞かないかん!」と思い、買い漁っていたころのLPです。ギターも歌もホンマに良くて、裏表聞いてしまいました。

CDやハイレゾは、いくら音がよくてもアナログをデジタルに変換し、そしてまたアナログに戻す、その過程で音は人工的になるのではないでしょうか。LPはノイズもあるし、決して音がよいわけではないのですが、ライブなど、その場にいるような音がします。ヨメサンもLPを聴く楽しみが増えたようで喜んでいます。

2017年10月29日日曜日

台風近づく、作品展最終日

台風が近づいていますが、意外に小雨の時もあります。木工教室作品展は本日夕方5時までです。よかったら見に来てください。




2017年10月26日木曜日

作品集合

作品が続々集まってきました。

 明日27日(金)午後から29日(日)夕方まで開催します。年に一度の工房公開の日でもあり、お近くに来られる機会がありましたら、見に来てください。

「天の神様、どうか台風直撃だけは避けていただきますようお願いいたします」

2017年10月5日木曜日

第17回木工教室作品展

今年も木工教室作品展を開催します。お近くに来られる機会がありましたら気軽に見に来てください。

◆ 第17回木工教室作品展 ◆
期日:10月27日(金)~10月29(日)
 27日(金):13:00-17:30
 28日(土):10:00-17:30
 29日(日):10:00-17:00
場所:名古屋市守山区平池東、宮本家具工房


2017年9月21日木曜日

葦毛湿原と新居宿

8月の新聞で葦毛湿原のサギソウが紹介されていたので、行ってきました。豊橋の町の裏山と言ってもいいような町に近いところに”東海のミニ尾瀬”と呼ばれる湿原がありました。「いもう湿原」と読むらしいです。詳しくは豊橋市の葦毛湿原のページを見てください。

駐車場から500mほど歩くと、尾瀬の木道のような道のある湿原につきます。多少傾斜があり、水が溜まっているほどでもない感じですが、今の季節は先月知ったシラタマホシクサがいたるところに咲いていました。これほど町に近いところにある湿原は珍しいのではないでしょうか。近くに自衛隊の射撃訓練場があり、砲弾の音でしょうか、バンバンという音が聞こえているのも珍しかったです。尾瀬や釧路湿原の規模とは比較になりませんが、地元の方にも愛されている場所でした。

せっかく遠くまで来たので浜名湖西側の遠州灘を見ながら自転車を走らせました。写真は現存する唯一の関所、「新居の関所」です。関所の役目を終えた建物が学校等にも使われたため壊されなかったとのこと。ここに来るのは二度目ですが、初めて中に入りました。古い民家とあまり変わりませんが、ここで東海道を旅する人たちがチェックを受けたなどと考えると、江戸時代へタイムスリップした気持ちになりました。



2017年9月1日金曜日

9月のホームページ記事

毎月私のホームページで木工に関することを書いていますので、その紹介です。

9月は”タブテイル”と”充電式ペンインパクトドライバ”です。

ダブテイル:木工好きな方向けの細かい話で、来月と二回に分けて書く予定です。

充電式インパクトドライバ:以前ブログで書いたエアコン工事に来られた職人さんが便利に使っていたのを見て買いました。可愛い外観に似合わず、実力派でした。組み立て家具などを購入された時など一般家庭でも一台あると役に立ちそうです。